top of page

「相談窓口」があります

児童虐待の8割、性被害・DVの5割「相談しなかった」…警察庁「被害が潜在化の恐れ」

被害に遭ってしまったら、一人で悩まないで相談してください

 

#8891 スマホから繋がります


ワンストップ支援センターは、 産婦人科医療やカウンセリング、法律相談などの専門機関とも連携しています。 性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

● 全国共通の電話番号 #8891

携帯電話、NTTアナログの固定電話からは

#8891

NTTひかり電話からは

0120-8891-77

※宮城県内のNTTひかり電話からは

0120-556-460

※埼玉県内のNTTひかり電話からは

0120-31-8341

※高知県内のNTTひかり電話からは

0120-835-350


※その他全国のワンストップ支援センター一覧


 

2024/04/04 読売オンラインより 児童虐待の8割、性被害・DVの5割「相談しなかった」…警察庁「被害が潜在化の恐れ」


 警察庁によると、被害に遭った際に「相談しなかった」人は、児童虐待で84%、性被害で51%、DVで51%に上った。ストーカー行為や交通事故、財産被害などを含む全体では44%だった。

 相談しなかった理由は「相談先がわからなかった」「何もしてくれないと思った」などが多かった。

 一方、被害者の80%は犯罪被害者等給付金や自治体からの見舞金などを受けていなかった。加害者側と損害賠償に関する訴訟や交渉などを行っていない人が88%で、加害者から賠償を受けた人は3%だった。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20240404-OYT1T50051/


 

スマホから、#8891へ電話をすると、自動的に近くのワンストップ支援センターに繋がり、そこから、必要な支援に繋いでもらえます。一番スムーズな相談先です。 親に知られたくない、会社に知られたくない、保険証がない。 それぞれの事情にあわせて対応しています。まずは電話してください。

日本女性財団のフェムシップドクターズは、女性支援に注力しています。




女性たちを救済して乗せる母船「femship」

私たちの活動を「フェムシップ」と表現しています。


「フェムシップサポーター」を募集しています。 https://japan-women-foundation.org/your_support/#don01


「ボランティア」を募集しています。


ご寄附をお願いいたします。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

医師が明かす衝撃の実態「アフターピルを処方した女性の1割強は性被害者」

加害者に父親も…望まない妊娠、リミット72時間なのに日本だけ入手に「壁」 一般社団法人共同通信社 47NEWS より 当団体、岡山フェムシップドクターズである「ウィメンズクリニックかみむら」院長で産婦人科医の上村茂仁医師が「緊急避妊薬処方の実態」について取材を受けました。 2021年10月に始めた「おかやまアフターピルプロジェクト」は、上村医師等がオンライン診察を担当し処方箋を出すと、薬局の薬剤師

Comments


bottom of page