top of page

子どもの権利擁護シンポジウム2023

「民間子どもワンストップセンター(CAC)と行政(MDT)  ~ 国、地方、民間すべての力を子どもに ~


主催:特例認定NPO法人 子ども支援センター つなっぐ 共催:京都産業大学 社会安全・警察学研究所

 


子どもの権利擁護シンポジウム2023

民間子どもワンストップセンター(CAC)と行政(MDT)

 ~ 国、地方、民間すべての力を子どもに ~


■日 時:

 2023年9月11日(月)12:00〜17:00


■対 象:

 子どものためのワンストップセンター(Children's Advocacy Center:子どもアドボカシーセンター)に関心のある方

 司法面接、系統的全身診察、付添犬に関する事業に関心のある方


■開催方法と定員: 

・当日参加:100名

  会場:衆議院第一議員会館 B1 大会議室


・見逃し配信(予定)

  YouTube期間限定配信(シンポジウム終了後1ヶ月程度)


■参加費:無料


■申込期限:9月7日(木)


■お申し込み

 下記専用フォームよりお申し込みください。



プログラム一部紹介


子どものためのワンストップセンター

①特例認定NPO法人子ども支援センターつなっぐの取組について

②司法面接の取組について

 :新司法面接プロジェクト事業報告

 (~日本全国で標準的に子どもたちが司法面接を受けられるために~)

③系統的全身診察の取組について

 :RISTEXシナリオ創出フェーズ

 「性虐待の被害児が心身の回復につながる医療機関をハブとする

 CACモデルの構築」事業報告

④付添犬の取組について



基調講演(逐次通訳あり)

リンダ・コーディスコ・スティール

 (Linda Cordisco Steele, Med, LPC, National Children’s Advocacy Center)


ビデオメッセージ 

アマンダ・グリフィス 連邦検事補

(Amanda Griffith, Assistant United States Attorney,Southern District of California)



■基調講演講師:リンダ・コーディスコ・スティール

(Linda Cordisco Steele, Med, LPC, National Children’s Advocacy Center)


 略 歴

教育学修士、プロフェッショナルカウンセラー。子どもの司法面接の世界的第一人者。

多機関多職種連携のファシリテーター、アラバマ州のハンツビルにあるNCAC のシニアトレーナー。専門分野は、子どもの司法面接、子どもの発達、多機関多職種連携など。司法面接のスーパービジョンとコンサルティングを国内外で実施。


 米国における司法面接の第一人者である、リンダさん。

 アメリカでは全米に、あたりまえに存在する、虐待された児童を救済するためのワンストップセンター「 CAC 」(チャイルドアドボカシーセンター)。そこでは、医師、警察、児童相談所、司法面接者が、一堂に会して、子どものために対応します。その始まりは「司法面接」です。

 リンダさんは、全米のみならず、全世界における「司法面接」の第一人者。

 当法人において、新司法面接プロジェクトをコンサルテーションいただいた経験をもとに、日本でも、官民を問わずに皆で集まり、日本中の子どもが標準的にワンストップサービスを受けられるための CAC の普及と、司法面接、系統的全身診察の拡大、そのために必要な多機関多職種(MDT)によるしくみ作りについてもお話しいただきます。今、必聴の講演です。



■申込期限:9月7日(木)


■お申し込み

 下記専用フォームよりお申し込みください。








女性たちを救済して乗せる母船「femship」

私たちの活動を「フェムシップ」と表現しています。


「フェムシップサポーター」を募集しています。 https://japan-women-foundation.org/your_support/#don01


「ボランティア」を募集しています。


ご寄附をお願いいたします。



閲覧数:65回0件のコメント

Comments


bottom of page