「トイレが近い」人のお助けBOOK

女性医療クリニックLUNAグループ理事長 関口 由紀

 





「最近トイレが近いけど、年を取多からしかたないよね」


「外ではトイレのことが心配で、トイレの場所をまず確認してしまう」


「便器に座ろうとしたとたん、間に合わず、尿がもれてショックだった」




・・・・50代60代で、そんな思いをしたことがある人は少なくないでしょう。


思い当たるものの、どうすればいいのかわからなくて、だれかに相談できないままになっていませんか。




たしかに、トイレが近くなるのは、加齢による部分が大きいところです。排尿にかかわる骨盤底の筋肉は、他の筋肉同様に、年々おとろえていきます。いつまでも若いころの筋肉でいられるわけではありません。


でも、だからといって、しかたないとあきらめないで!放置すると排せつのトラブルはますます進んでしまいます。


遠くない将来、オムツが手放せなくなってしまうかもしれません。


なにより、ちょとした心がけで改善していくことができるのです!


本書では、「トイレが近くなった」と考え始めた今だからこそ、始めたい方法を紹介します。

ピンチのときの対処法、外出時、夜間のトイレが気になるとき、そして日ごろから心がけたい習慣と、排尿のタイミングに合わせて章立てをしています。




トイレが近いのをそのままにしないで、ページをめくってできることから実践してみましょう。

尿トラブルから自由になって、快適な毎日を送るために、本書が役立ちますように。



著者について


女性医療クリニックLUNAグループ

理事長 関口 由紀

医学博士 日本泌尿器科学会専門医・指導医









閲覧数:5回0件のコメント